学生もお金を借りられるカードローン5選!学生ローンに潜む落とし穴や注意点を解説

大学生になると友人との遊びや飲み会、学費の支払いなど毎月お金が必要になりますよね。

  • バイトの給料日が来たのにお金が足りない…
  • 旅行に行きたいけどお金がなくていけない
  • 急にお金が必要になってしまって困っている

このような悩みを抱えている学生が多いのではないでしょうか。

しかしカードローンを借りるとなると「親や友人にバレないか心配」「借りるだけで何か将来に影響があるのではないか?」という不安もよぎるはずです!

本記事では、学生がお金を借りる方法を紹介します。

アルバイトなどで収入を得ている学生であればおすすめのカードローンも、合わせて紹介していきます。

目次

学生がお金を借りる主な3つの方法

学生がお金を借りる方法とは

まず初めに、学生がお金を借りる方法を紹介していきます。

当サイトがおすすめするお金を借りる方法は以下の通りです。

  • 消費者金融カードローンでお金を借りる
  • 学生ローンでお金を借りる
  • 奨学金を利用する

それぞれ詳しく解説していきます。

消費者金融カードローンでお金を借りる

学生がお金を借りるには消費者金融カードローンがおすすめです。消費者金融カードローンは18歳以上の審査に通った学生が融資してもらえます。

しかし、消費者金融カードローンと聞くと「なんだか怖い」とイメージする人も多いでしょう。

大手消費者金融の場合は、 違法な取り立て業務や法外な年利での貸付は行っていませんお金を借りてもトラブルに発展するケースは非常に少ないです。

また、消費者金融カードローン業者は即日融資を行っているので、「緊急でお金が必要になった」という場合でもその日のうちにお金を準備できます。

「審査に落ちてしまうかもしれない」と不安な人は、職業欄を学生として申し込むことで社会人と同じような高年収は求められないので、アルバイトの収入しかない人も安心です。

このようなことから、学生でお金を借りたい人は消費者金融カードローンで借りることをおすすめします!

学生ローンでお金を借りる

学生の場合は、学生ローンでお金を借りることも可能です!

学生ローンとは名前の通り、学生向けのカードローンサービスです。先程の消費者金融カードローン会社はさまざまな人でも利用できますが、学生ローンは大学や専門学校、短期学校に通っている人向けのローンとなっています。

実際に、申込み条件には「学生である」や「審査時に学生証を提示できる」などが記載されていることが多いです。

ただし、 学生ローンは大手消費者金融と同じローンサービスなので、利子なども発生します。後ほど紹介する奨学金とは違って、学生ローンでも年利が特別低くなるわけではありません。

そのため、学生ローンを利用する時はしっかりと返済計画を立ててから、申込みしましょう

学生ローンだからといって「返済が多少遅れても大丈夫だろう」という甘い考えは厳禁です。

奨学金を利用する

学生の中で学費などが足らなくなったという人は奨学金でお金を借りることもおすすめです。

日本国内には日本学生支援機構をはじめ、さまざまな奨学金制度が存在します。

奨学金の場合は一定の条件をクリアしている学生が利用可能ですが、借入条件が高いので、審査に落ちてしまう可能性もあります。

奨学金の最大の特徴は他のお金を借りる方法と比べて、金利が低いことです。

他の方法と比べても金利が非常に低いので、生活に支障が出ない範囲でお金を借りる事ができます。

奨学金はお金がないけど進学した学生を支えている制度なので、学費や入学金などまとまったお金が必要な人は奨学金を活用しましょう

学生におすすめの消費者金融カードローン5選

ここまでは学生がお金を借りる方法を紹介していきましたが、ここからは当サイトがおすすめする消費者金融カードローンを紹介していきます。

当サイトおすすめの消費者金融カードローンは以下の5つです。

  • プロミス
  • アイフル
  • アコム
  • SMBCモビット
  • dスマホローン

それぞれのスペックなどを詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

プロミス

プロミス

金利 4.5%~17.8%
最大借入限度額 500万円
学生の利用 可能
融資スピード 最短25分
無利息期間 初回利用の翌日から30日
  • Webのみで申し込み完結
  • 最大30日間の無利息期間
  • 融資スピードは最短25分

CMでもおなじみのプロミスは消費者金融機関の中でも知名度が高く、安心して利用できるカードローンサービスのひとつ。

プロミスを初めて利用する場合は、初回30日間無利息が設定されているので、1カ月以内の返済目途が立っている場合にもおすすめです。

「次のバイト代が入るまで借りたい」「1カ月以内に奨学金が入金される」など予定が立っている学生の方は、最短25分で即日融資可能なプロミスを検討してください。

また銀行やコンビニなどのATMで借入や返済ができるという利便性の高い点からも、学生の利用に向いていると考えられます。

アイフル

アイフル

金利 3.0%~18.0%
最大借入限度額 800万円
学生の利用 可能
融資スピード 最短25分
無利息期間 初回利用の翌日から30日
  • 国内で知名度が高いので安心
  • お客様対応窓口の充実度が高い
  • 女性専用窓口を完備

アイフルはテレビCMでもよく見かけることもあって国内でも有名なカードローン会社です。

スマホアプリからキャッシングや増額申請ができるため、利便性は非常に高いです。

さらに「ぽっぽくん」というチャットサービスがあるので、初めての借入で少しでも不安がある方は利用してみてください。

女性専用窓口もあるので、女性の利用者も安心して申込みできる点も魅力的でしょう。

アコム

アコム

金利 3.0%~18.0%
最大借入限度額 800万円
学生の利用 可能
融資スピード 最短30分
無利息期間 初回利用の翌日から30日
  • 30日間の無利息期間がある
  • 初めての借入でも安心して利用できる
  • 審査から融資まで最短30分

消費者金融と聞くと、ドラマや映画などの影響で怖いイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、この記事で紹介している他のカードローン会社と同様、アコムも国から認可をもらっているカードローン会社であるので、悪質な取り立て業務や法外な金利設定は一切ありません。

そのため、はじめての人でも安心してお金を借りることができます。

初めて利用する場合は初回から30日感無利息でお金を借りられるので、この期間内に返済できれば負担がありません。

アコムも最短30分で借りられるようになるので、緊急でお金が必要な人にもおすすめできます。

SMBCモビット

SMBCモビット

金利 3.0%~18.0%
最大借入限度額 800万円
学生の利用 可能
融資スピード 最短33分
無利息期間 初回利用の翌日から30日
  • 融資まで速い
  • Web完結を選んだら電話での在籍確認なし
  • 夜間でもカスタマーセンターの対応が良い

SMBCモビットは融資までの時間がかなり早いことが人気です。

申込みから実際にお金を借りるまで1時間しかかからないので、緊急でお金が必要な人におすすめです。

また、Web申込みを選べばスマホ1台でも申込みが終わって融資の手続きまでできるので、親にお金を借りていることがバレにくいカードローンです。

dスマホローン

dスマホローン

金利 3.9%~17.9%
最大借入限度額 300万円
学生の利用 明記なし
融資スピード 最短即日
無利息期間 キャンペーン期間中は初回利用の翌日から60日間
  • 年率最大3.0%と低金利
  • 最短即日審査ですぐに貸付可能
  • ドコモユーザーは金利が低い

dスマホローンは株式会社NTTドコモが提供している賃金サービスで、ドコモユーザーは金利が優遇されます。

優遇金利が適用された場合は最大で3%の利息が引かれるため、負担が少なくお金が借りられます。

また、審査もオンライン上で完結して自宅に書類が届くこともないので、親にお金を借りていることは非常にバレにくいです。

その他にも、保証人も不要だったり少額でも借入できるなど、さまざまなメリットがある貸金サービスと言えます。

学生に消費者金融カードローンがおすすめな理由

学生に消費者金融カードローンがおすすめな理由

ここまでは当サイトがおすすめするカードローン会社を紹介していきましたが、なぜ学生に消費者金融カードローンがおすすめなのか気になる人が多いでしょう。

学生に消費者金融カードローンがおすすめな理由は次の通りです。

  1. 多くのカードローン会社は学生でも申込み可能
  2. 銀行カードローンよりも審査が通りやすい
  3. 申込みから契約まですべてスマホで完了できる

それぞれ詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

多くのカードローン会社は学生でも申込み可能

学生の中には授業の時間以外にアルバイトをしている人も多いでしょう。

しかし、アルバイトだけでは社会人として働いている人たちほど稼げている人はほぼいません。

審査時に収入を書く項目がありますが、年収を書く時に「収入が少ないと審査に通らずお金が借りられない」と考えてしまう人も多いでしょう。

多くの消費者金融カードローンの申し込み条件には「18歳以上で収入を持っている人」と記載されているサービスが多いです。

そのため、正社員だけでなくアルバイトで収入を得ている学生でも審査をしてもらえます。

しかも、50万円以下の借入を希望する場合は、収入証明書を提出する必要もありません。

そのため、学生でもお金を借りられる消費者金融カードローンがおすすめです。

銀行カードローンよりも審査が通りやすい

先程も少し説明したように銀行カードローンの中には、学生の申込みを断っているところも多いです。

消費者金融カードローンの場合は自分の収入の提出が必要ですが、極端に低くない限りは審査に落ちる可能性は少ないです。

そのため、アルバイトをしている学生には銀行カードローンよりも審査が通りやすい消費者金融カードローンがおすすめです。

初めての申込みの場合は30日間無利息キャンペーンなどの特典があるのも魅力的です。

申込みから契約まですべてスマホで完了できる

消費者金融カードローンは最近、申込みからお金を借りて返済までをスマホでできるようになりました。

そのため、お金を借りるためにお店を訪れたり、さまざまな書類を書いたりなどの手間がかかりません。

友達に消費者金融に入っていくところを見られるなどの心配もいらないので、学生は消費者金融カードローンがおすすめです。

カードローンの申し込み〜融資までの流れ

申し込みの流れ

ここまでは学生に消費者金融カードローンをおすすめするメリットを紹介していきましたが、ここからは実際にお金を借りるまでの流れを紹介します。

簡単な流れは以下の通りです。

  • カードローンの申込み
  • 必要書類の提出
  • 審査とカード発行
  • カードの受取り

それぞれ詳しく解説していきます。

Webサイトから申込み

まずはWebサイトから審査に申込をしましょう。

インターネット以外にも電話や無人契約機などから申込できますが、ネットからの申込が1番早く審査〜融資まで進みます。

インターネットからの申し込みには、スマホやパソコンから可能です。

24時間受付可能のスピード審査を強みにしているカードローン会社は基本的にWebからの申込限定なので、お急ぎの場合はそちらを利用しましょう。

必要書類の提出

申込みが完了したら必要書類の提出が必要です。

申込み完了の通知と同時に必要書類の提出に対しての案内も届きます。

また、本人確認書類の提出だけでなく、収入証明書の提出が必要になる場合もあります。

パソコンやスマホから写真をアップロードするだけで提出完了になるので、スムーズに手続きを進めるためにも事前に準備しておきましょう。

審査とカード発行

カードローン会社は申込みを完了すると、会社内で審査が行われます。

提出された書類や記入内容、申込み者の信用情報を確認して、実際にお金を貸しても返済してもらえるか判断されます。

審査が完了すると結果がメールや電話などで通知されるので、忘れずにチェックしましょう。

カードの受取り

審査が通るとカード発行の手続きが行われるので、郵送やローン契約機でカードを受け取ります。

最近ではカードレスタイプも増えてきており、その場合は会員番号が記載された書類が自宅に届きます。

緊急でお金を借りたい場合は、振込での貸付も受け付けているのでそちらを利用しましょう。

学生ローンはやばい?知られていない落とし穴

ここまでは消費者金融カードローンの申込みからお金を借りるまでの流れを紹介しましたが、学生ローンを利用するデメリットが気になる人も多いでしょう。

学生ローンのデメリットは以下の通りです。

  • 名前から安心して簡単に借りてしまう
  • 借入限度額が少ない
  • 借入条件が厳しい

さらに消費者金融カードローンと学生ローンの違いも解説していくので参考にしてください。

名前から安心して簡単に借りてしまう

学生ローンと言う名前から安心感が出てきてしまい、簡単にお金を借りてしまうという人が多いです。

学生ローンと聞くとどこか優しいイメージを持ちますが、実際は学生に対してお金を融資する金融業者のことを指します。

とはいえ、学生であれば未成年でもお金を借りられるということもあって、比較的リスクが低いと考えて利用する人も多いでしょう。

しかし実際には、学生ローンは貸金業法に則って運営されている貸金業者であるため、通常の消費者金融カードローンのように利息や遅延損害金も発生してしまいます。

学生ローンという名前だけで安全だと認識せずに、 申し込み前に金利や返済方法をしっかりチェックしましょう。

借入限度額が少ない

学生ローンは借入条件が緩く誰でもお金を借りやすいですが、借入限度額は少なく設定されています。

お金を貸す相手が学生ということから返済能力も考慮して最高でも50万円、業者によっては10万円しか借りられない場合もあります。

学費を借りたいなどの理由で大きなお金が必要になった場合は、金額が足らなくなってしまう可能性も考えられるでしょう。

借入条件が厳しい

学生ローンは在学中の人でもお金が借りられますが、借入条件が厳しい面もあります。

18歳以上の学生ならば誰でも借りられますが、毎月安定した収入がなければいけないので、継続的にアルバイトをしている必要があります。

その他にも学生ローンによっては、収入の状況を証明できる書類を提出しなければいけないケースもあります。

そうなった場合、収入証明書類を用意する必要があるので、面倒だと感じる方には向いていません。

学生ローンと消費者金融カードローンの比較

ここでは、学生ローン「カレッヂ」と消費者金融カードローン「プロミス」を比較して、両者の違いについてまとめます。

学生ローン「カレッヂ」 カードローン「プロミス」
融資限度額 50万円
※20歳以下は10万円
500万円
申込条件 ・日本国籍
・大学生・短大生・予備校生・専門学校生
・安定した収入がある
安定した収入がある
上限金利
15.0%~17.0% 4.5%~17.8%
融資時間 最短1週間 最短25分

学生ローンは、学生を対象にした貸付サービスであるため、審査は比較的甘く、上限金利も低めに設定されています。

ただし、返済能力なども考慮して融資限度額は消費者金融カードローンほど高くありません。

学生ローンでも融資を受けるには安定した収入が必要となっているほか、申込〜融資までの時間の短さを考えると総合的に消費者金融カードローンの方がおすすめです。

カードローンの審査に落ちる学生の特徴

カードローンの審査に落ちる学生の特徴

ここまではカードローンの実態を紹介していきましたが、自分がカードローンの審査に落ちないか気になる人もいるのではないでしょうか。

ここからは、カードローンの審査に落ちる人の特徴を紹介します。

  • 貸付条件を満たしていない
  • 虚偽の申告を行った
  • 在籍確認が取れなかった

それぞれ詳しく解説していくので、是非参考にしてください。

貸付条件を満たしていない

カードローンの審査に落ちる人の特徴として、そもそも貸付条件を満たしていないことが挙げられます。

特に、アルバイトなどで安定した収入源がない場合はお金を借りることができません。

カードローンの審査に通るためには貸付金額に見合った返済能力が必要になります。

アルバイトで月数万円以上であっても、継続的に収入があれば審査に通りやすくなります。

ただし、 単発のアルバイトでは収入が不安定だと判断されるため、審査に落ちる可能性が出てきます。

虚偽の申告を行った

安定した収入があっても、申込書に記入した情報に虚偽があった場合は審査に落ちてしまいます。

申し込み時には収入や自分が住んでいる住所など、細かい情報を入力しなければいけません。

記入ミスがあった場合も審査に通らないので、送信前にしっかり確認しておきましょう。

在籍確認が取れなかった

先ほど申し込み時にはアルバイトで働いている勤務先の住所の記入が必要だと説明しましたが、在籍確認が取れなかった場合も審査に落ちてしまいます。

在籍確認とは申込者が実際にその勤務先で働いているか確認するための作業です。

そのため、嘘の勤務先を記入しても在籍確認でバレてしまいます。

ただし、在籍確認時にカードローン会社を名乗ることはないので、お金を借りていることがバレる心配はありません。

カードローンを使った学生の口コミ

口コミを調査!

ここまでは消費者金融カードローン審査に落ちる人の特徴を紹介していきましたが、実際に利用した人の口コミを知りたい人も多いでしょう。

ここからは、消費者金融カードローンを使った学生の口コミを紹介していきます。

友達にバレずにお金を借りられた

スマホで申し込みできたこともあって友達にバレずにお金が借りられました。借金をしていることを周りに知られるのはやっぱりまずいのでよかったです。

最近ではスマホやPCから申込みできるので、友達や家族に消費者金融カードローンを利用していることがバレる心配がありません。

問い合わせ窓口が丁寧だった

合宿の支払いでお金がなくなり初めて利用しました。窓口の人と返済計画をしっかり立ててもらったので、丁寧で安心できました。

消費者金融と聞くと怖いイメージがありますが、実際はしっかりとした運営会社なのでお問い合わせ窓口も丁寧なことで有名です。

バイト始めたてでも審査に通る

バイトを始めて2ヶ月目でしたが申し込んでみると簡単に審査に受かりました。10万円もお金を借りられたので親に借りずに済みました。

申込み条件には「収入がある人」と記載しているところが多いので、アルバイトの人でも審査に通りやすいです。

返済に遅れたけど相談したら対応してもらえた

返済に遅れてしまうことがあったが、電話で事情を話すと親身に対応してもらえてなんとかなりました。

もしもの場合があって返済が遅れてしまう可能性があった場合でも相談することで、返済を伸ばしてもらうことも可能です。

即日融資で緊急でもお金を借りられた

即日融資が出来るカードローンを選んだので、緊急でお金が必要だったが助かりました。

学生の場合、緊急でどうしてもお金が必要になるケースがあります。

最近では即日融資を謳っている消費者金融カードローン会社も多いので、緊急の出費でも安心です。

学生おすすめのカードローンに関するFAQ

質問

ここまでは実際に消費者金融カードローンを利用した人からの口コミを紹介していきました。

しかし、消費者金融カードローンの利用にはまだまだ不安な部分が残る人も多いでしょう。

ここからは、学生おすすめの消費者金融カードローンに関する質問に回答してきます。

ここで回答する質問は以下の通りです。

  1. 学生は即日で消費者金融カードローンを借りられる?
  2. 銀行カードローンは学生でも審査に通る?
  3. 18歳・19歳の学生も消費者金融カードローンを借りられる?
  4. バイトをしていない学生でも審査に通る?

それぞれ詳しく回答していくので、ぜひ参考にしてください。

学生は即日で消費者金融カードローンを借りられる?

学生の場合でも消費者金融カードローンは即日融資可能です。

大手消費者金融の借入時間は最短30〜60分に設定されているので、緊急でお金が必要なときにすぐにでもお金を準備できます。

そのため、すぐにお金が必要な場合は消費者金融カードローンの利用を検討しましょう。

銀行カードローンは学生でも審査に通る?

学生でも銀行カードローン審査に通ることはありますが、 他の方法と比べると 審査は厳しいです。

銀行カードローンの中には学生の申込み自体を断っている場合もあります。

その他にも、銀行カードローンの最低借入額は10万円からとなっているので、小額融資はできないので注意しましょう。

18歳・19歳の学生も消費者金融カードローンを借りられる?

18歳・19歳などの未成年の学生でも消費者金融カードローンの利用は可能です。

ただし、親権同意書を提出しなければいけないので、スムーズに審査を進めるために事前に準備しましょう。

バイトをしていない学生でも審査に通る?

残念ながらバイトなど収入がない学生は審査に通る事はありません。

どうしてもお金が足りない場合は、まずアルバイトで働くことから始めたほうがいいでしょう。

どうしても緊急の場合は両親や友人に正直に理由を話して相談しましょう。

まとめ

今回は学生がお金を借りる方法を紹介していきました。

キャンパスライフを楽しく過ごすためには、ある程度お金が必要になります。

消費者金融カードローンをうまく利用すればお金に関する悩みや不安が減ります。

最近では手続きも簡単になっただけでなくサポートセンターも丁寧に相談に乗ってもらえます。

ただし、お金を借りる際は事前に返済計画をしっかり立てて、余裕のある範囲内で利用しましょう。

消費者金融カードローンは、アルバイト等で安定した収入があれば学生であってもお金を借りることができます。また即日融資が可能だったりwebだけで申し込みから融資まで完結したりと、簡単で便利なのがとても魅力的でもあります。

しかし絶対に忘れてはならないのが、カードローンはあくまでも「借金」であるということ。簡単・便利だからといって手軽に利用しすぎると取り返しのつかないことになってしまいます。

消費者金融カードローンでお金を借りるときはきちんとした返済計画を立て、返せる範囲で融資を受けるようにしましょう。そして楽しい学生生活を送ってくださいね。

監修者プロフィール

FP渡邊様

渡邊由佳

社会保険労務士、AFP、ギャラップ認定ストレングスコーチ。
焼き鳥屋の店長出身という異色経歴を持つも、様々な業種、職種を渡り歩いた経験を元に2019年社会保険労務士として独立開業。
現在は「ひとり社労士」として、人を雇わず人からも雇われない働き方を法律とコーチングの両面からサポート。Youtubeやブログを利用した情報発信も積極的に行なっている。