アヴァンス法務事務所の口コミ・評判は?債務整理を依頼するメリット・デメリットを解説

テレビコマーシャルなど大手メディアの広告でも目にすることの多いアヴァンス法務事務所。知名度は高いですが、実際に利用した人からの評判はどうなのでしょうか?

借金返済で悩んでいてアヴァンス法務事務所に相談しようか悩んでいる方にとっては、利用者の評判は気になるところですよね。

この記事では、アヴァンス法務事務所の評判について、利用者の口コミを調査しましたので紹介します。

「借金問題を抱えていてどこかに相談したい」
「アヴァンス法務事務所に相談したいけど、どんな事務所なのか口コミが気になる」

というように、アヴァンス法務事務所に興味のある方はぜひ最後まで読んでください。

アヴァンス法務事務所の評判は悪い?口コミを調査!

アヴァンス法務事務所の評判は悪い?口コミを調査!

借金問題に強いことで有名なアヴァンス法務事務所ですが、実際のところ利用者からの口コミはどうなっているのでしょうか?

良いのか、悪いのか、みなさんが気になる口コミを調査してみました!

悪い口コミ・デメリット

担当者が不親切

23歳女性
23歳女性
支払いキツイくて困っていたから月の支払う額を減らすように交渉お願い。全然すぐに動いてくれないし、進捗状況も教えてくれない。何度も強くお願いしてやっと減額できたけど本当に精神的につかれた。もっと親身になってくれたらいいのに。
返済期間 5年
返済総額 100万円
39歳男性
39歳男性
やはり大手の事務所だからか、窓口での対応は機械的だなと感じました。ちょっと上からな雰囲気が感じられたようにも思います。法務事務所としては一流だと思いますが、社員の質はあまり高くないのかなと感じざるを得ません。
返済期間 3年
返済総額 150万円

担当者によるとは思いますが、親身に相談に乗ってくれなかったり、対応の悪さに対しての口コミが多かったです。

大手事務所ということでしっかり解決してくれるものの、担当者の態度によっていい印象を抱いていない人も多くいました。

返済額がそこまで減らなかった

46歳女性
46歳女性
アヴァンス法務事務所に任意整理の相談をしました。大手ということで交渉力に期待していたのですが、結果的に月々の支払い額は、以前相談したみつ葉グループと変わらずの額だったので少しがっかり。大手だからと言って必ず大幅に減額できるわけではないようです。
返済期間 4年
返済総額 80万円
36歳女性
36歳女性
支払いがすこし大変になり債務整理を依頼していたので、減額できる金額は、自分に負担の少ない金額になると思っていました。でも月々の支払額はちょっと減っただけでそこまで大きく変わりませんでした。何とか返済しましたが、これなら正直、債務整理しなくてもよかったかもしれないです。
返済期間 5年
返済総額 130万円

思ったより返済額が変わらなかったり、ほかの事務所に相談した時と減額できる金額が同じでがっかりしたという意見もありました。

ただ、一般的に任意整理の効果がもっとも高くなるのは金利の高いカードローンを契約している場合です。そのため、返済額があまり変わらなかったのは、もともと金利が低めのローンだったという可能性が高いでしょう。

また、ほかの事務所に相談した時と減額できる金額が同じくらいということに関しても、一般的に減額できる目安の金額は決まっているため、大手だから減額できる金額が大きくなるわけではありません!

良い口コミ・メリット

事務所に出向かなくてもいい

42歳男性
42歳男性
近くに相談できる場所がなく、とりあえず大手のアヴァンス法務事務所に電話。一度は事務所とか行く事になるかと思いきや、自分の場合はすべて電話で対応してもらえて契約書もメールだったから手続きが楽だった。感染対策にもなるしいいと思う。
返済期間 3年
返済総額 100万円
24歳男性
24歳男性
仕事が忙しく事務所に行って相談する時間がなかったので、まずメールで問い合わせ。翌日には返信があり、電話やメールでも相談できると教えてもらいました。実際に債務整理の手続き中は電話の連絡だけで済みましたし、アプリで進捗状況が確認できたのもよかったです。
返済期間 4年
返済総額 160万円

遠方であれば相談が難しいのではと感じている人も多いと思いますが、アヴァンス法務事務所は電話やメールでの相談も受付しています。

さらにアプリで進捗状況を確認できるため、自分の依頼がどこまで進んでいるのか随時確認することができるのも便利です。

対応が早い

34歳男性
34歳男性
知り合いの弁護士に債務整理に詳しいのはアヴァンスだときいて相談。対応が早いので手続きがスピーディーでよかったですよ。もし、今後周りに借金で困っている人がいたらアヴァンスなら絶対に解決してくれると紹介したいくらいですね。
返済期間 5年
返済総額 220万円
38歳男性
38歳男性
借金の最終支払い期限が迫りかなり焦りながら相談。その日のうちに契約してもらい、そのあとすぐに督促の電話が鳴りやみホッとしました。減額できる額や期間なども丁寧に説明してもらえたし、本当に何をするにも対応が早くてびっくりしました。
返済期間 5年
返済総額 300万円

債務整理を依頼し、契約をすればいったん取り立ての連絡は来なくなりますが、それだけでなく借金問題を解決するのも早いほうがいいですよね。

アヴァンス法務事務所は解決までかなりスピーディーであると評判でした!

契約してから早ければ4ヵ月で手続きが完了しますので、早めに何とかしたいという方にもおすすめできます。

担当者の対応がいい

27歳男性
27歳男性
多重債務状態になってアヴァンス法務事務所さんにお願いした。口コミを見ると怒られるって言う人もいたけど、優しくて案外淡々と話が進んだ。必要なことだけ話せばいいし、近すぎず遠すぎずの適切な距離感で最後までしっかり対応してもらえた。
返済期間 5年
返済総額 250万円
38歳女性
38歳女性
着手金がかからないなら「はたの司法書士」。ただ電話対応が悪いです。少し費用がかかりますがアヴァンス法務事務所のうほうが対応がいいです。着手金がかからないのは大きなメリットですが、返済完了までやり取りが続くのでアフターケアがしっかりされているところのほうがいいと思いますよ。
返済期間 3年
返済総額 180万円

悪い口コミには、担当者の対応が悪いという意見がありましたが、それとは対照的に対応がとてもいいという意見もありました。

着手金がかからないところに比べると金額面ではどうしても差が出てしまいますが、アヴァンス法務事務所ではアフターフォローも含めて金額に見合った働きをしてくれるということなので、完済までの短くない期間を考えるとかなり安心感がありますよね。

女性専用窓口がある

31歳女性
31歳女性
複数のエステでローンを組み、さらに生活費もカードローンで補填。返済に困ったときにアヴァンス法務事務所の女性専用相談窓口の存在を知ってすぐに電話。いろいろ相談して債務整理しかないってなって手続きして今は完済できてほんと助かった。
返済期間 5年
返済総額 200万円
48歳女性
48歳女性
家族に内緒でカードローンでの借金を重ね、もう自分のパート代では返せなくなりそうだったので夫に打ち明けると、アヴァンスに女性専用ダイヤルがあるからまずそこに電話してみようと言われて連絡しました。女性の方が対応してくれたので、家計の不足を補うための借金だったとこもすんなり話せましたし、債務整理をしても家族に迷惑をかけないこともわかり一気に気持ちが楽になりました。
返済期間 4年
返済総額 130万円

アヴァンス法務事務所には女性専用ダイヤルがあります。そのため、女性でも安心して相談できるとの意見がありました。

また、家族にバレたくないのであまり電話はしたくないという場合には、相談はメールでも受付してくれるようです!

対応するのはもちろん女性スタッフなので、男性には話しにくいことも気兼ねなく相談できますよ。

アヴァンス法務事務所の基本情報・特徴

アヴァンス法務事務所の基本情報・特徴

アヴァンス法務事務所の基本的な情報や特徴を紹介します。

基本情報

所在地 大阪本店
大阪市中央区北浜2丁目2-22 北浜中央ビル3F
東京支店
東京都千代田区神田和泉町1-1-14 パシフィックビル2F
最寄り駅 大阪本店
京阪本線 「北浜」駅
地下鉄堺筋線 「北浜」駅
東京支店
JR山手線「秋葉原駅」 徒歩2分
都営新宿線「岩本町駅」 徒歩5分
電話番号 大阪本店
0120-964-564
0120-964-664 (女性専用ダイヤル)
東京支店
0120-963-963
営業時間 大阪本店
平日9:30~21:00/土日祝9:30~19:00
東京支店
9:30~21:00
(土日祝日の希望は事前に問い合わせ)
主な業務 任意整理
過払い金請求
個人再生(民事再生)
自己破産

アヴァンス法務事務所は、債務整理に強い点が特徴です。

事務所は大阪と東京の2つですが、全国対応していますので日本全国どこにお住まいでも相談することができます

問い合わせや相談は何度でも無料です。不安を抱えている方や、借金問題の解決方法を専門家に尋ねたい方は、まず無料相談することをおすすめします。

電話相談では女性専用ダイヤルも設けており、不安を抱えている女性にとっても安心です。

土日祝日も対応していますので、仕事が忙しくて平日は落ち着いた時間が取れないという方でも問題ありません。

借金問題などデリケートな問題は自分が落ち着ける状況で相談した方がいいので、土日祝日も対応しているのはありがたいですね。

アヴァンス法務事務所の3つの特徴

アヴァンスのお約束

アヴァンス法務事務所の特徴として以下の3つが挙げられます。

  • 豊富な実績
  • 女性も相談しやすい女性相談窓口がある
  • 完済までの手厚いサポート

それぞれについて詳しく説明していきましょう。

豊富な実績

アヴァンス法務事務所の設立は2007年。15年の業務実績があり、2007年からの10年間で受けた相談実績は23万件にものぼります。

相談実績数は2018年2月末現在のものですので、現在ではさらに実績が積み上がっているでしょう。

この豊富な実績数が顧客の信頼を表しているといえます。

債務整理など個人のプライベートに大きく関わる問題は、良くも悪くも口コミなどの評判が重要です。

信頼できない事務所に相談したい人はいませんよね。

設立以来、顧客に寄り添ってきたからこそ、ここまで多くの方に依頼されてきたといえます。

また、その豊富な実績から得たノウハウが蓄積されているという点も重要なポイントです。

債務整理は金融機関や消費者金融、裁判所とやり取りをする必要があります。

時には交渉することもあり、自分にとって有利な条件とするためには、これまでの豊富な実績から得たノウハウが役立ちます。

任意整理ではどの程度借金を減額するのかという交渉にこのノウハウが使われます。また個人再生や自己破産では、裁判所に認められるための事務手続きにノウハウが活かされることで、顧客にも大きなメリットとなるのです。

女性も相談しやすい女性相談窓口がある

アヴァンス法務事務所には、女性専用の相談窓口が設けられています。

ここでは女性のスタッフが対応してくれるので、女性の相談者も安心です。

また、電話相談でも女性専用のダイヤルがあり、一回目の相談から女性スタッフに対応してもらうことができます。

借金というデリケートな問題を相談するのは、やはり安心できる相手の方が嬉しいですよね。

女性専用の相談窓口があるのは顧客にとってメリットです。

例えば、夫に内緒で相談したい場合、自分のエステ代金などの借金で困っている場合などは、男性スタッフだと相談しづらい部分もあります。

デリケートな問題だからこそ、こういったきめ細やかなサービスが大切です。

完済までの手厚いサポート

アヴァンス法務事務所は「借金だけでなく、人生にも寄り添うこと。」をスローガンとして掲げています。

借金そのものだけでなく、顧客が抱えるそれぞれの不安「ブラックリストにのるのか不安」「誰にもバレずに解決したい」といった思いに寄り添い、解決の道を模索する点が特徴です。

そのため債務整理の手続きが完了したら終わりではなく、顧客が返済を終えるまでの手厚いサポートが充実しています。

アヴァンス・アシストというサービスは、顧客の代わりに消費者金融などの債権者への支払いや管理を代行するサービスです。

このサービスは債務整理の手続きが終わった後も続き、返済が全て終わるまで利用することができます。

また、債務整理手続き後に返済ができないなどの問題が起きた場合も、債権者に対して再交渉をしてくれるなど手厚いサポートが好評です。

通常は債務整理手続きが完了した時点で事務所と顧客との契約も終了となります。ですがアヴァンス・アシストを利用すると、このように完済まで丁寧なサポートサービスをしてくれますよ。

顧客の9割がこのサービスを利用しているほど人気のサービスです。

アヴァンス法務事務所の申し込みの流れ

アヴァンス法務事務所の申し込みの流れ

実際に借金問題を依頼した際の流れを確認していきましょう。

申し込みの流れは以下のとおりです。

  1. 相談・面談
  2. 契約
  3. 手続き開始
  4. 手続き完了
  5. 完済

それぞれの内容を順番に解説していきます。

相談・面談

まずはメールや電話などで、借金でどのように困っているかなどを相談します。

相談や問い合わせは無料ですので、気兼ねなく相談しましょう。

具体的な話が進んだときは、面談に進みます。

借金がいくらあって、どこから借り入れているのか、自分の収入や資産の状況などを話し、専門家と一緒に解決方法を考えていきます。

契約

面談にて話がまとまれば、契約へと進みます。

ここで正式に、専門家に債務者との交渉などの業務を委託する契約を結びます。

契約を結ぶとすぐに、借金をしている相手方に対して受任通知を送付してくれます。この時点で債権者からの催促や返済はストップするので、ひとまず安心できるでしょう。

手続き開始

受任通知を送り、各債権者からの正確な借金額を確定させ、各手続きを開始します。

任意整理・個人再生・自己破産によって手続き内容は異なりますが、基本的には専門家が必要な手続きをしてくれますので、安心して大丈夫です。

手続き完了

債権者との交渉や裁判所の手続きが終われば、手続きは完了です。

任意整理や個人再生の場合は決まった内容で返済を続けていきます。自己破産の場合は借金の返済が不要になりますので、借金問題で困っていたころとは一変した生活を送ることができます。

完済

手続き完了後も返済の管理を代行してくれる手厚いサポートがあります。

万が一、再度返済に困った時も相談すれば対応してくれますので安心です。

アヴァンス法務事務所の料金

アヴァンス料金

実際に相談しようか悩んでいる方にとって、料金がいくらぐらいかかるのかは最も気になるところでしょう。

ここではサービスと料金について解説していきます。

相談料 0円

着手金 11,000円/1社

解決報奨金 11,000円/1社

減額報酬金 減額または免除できた金額の11%

過払い金成功報酬 取り戻した過払い金の22%

費用 418,000円
※住宅資金特別条項を利用する場合は473,000円

予納金、申立印紙代など実費 40,000円程度

着手金 352,000円

予納金、申立印紙代など実費 40,000円程度

着手金 44,000円/1社

減額報酬 減額または免除できた金額の11%

所有権保存 新築建物認定基準額×4/1000

所有権移転(相続) 固定資産評価額×4/1000

所有権移転(売買) 固定資産評価額×20/1000

所有権移転(財産分与) 固定資産評価額×20/1000

登記名義人表示変更 不動産1筆につき1,000円

抵当権設定 債権金額×4/1000

根抵当権設定 極度金額×4/1000

抵当権・根抵当権抹消 不動産1筆につき1,000円

株式会社設立 資本金の額×7/1000(最低額150,000円)

合同会社設立 資本金の額×7/1000(最低額60,000円)

合名会社・合資会社設立 60,000円

役員変更 資本金の額1億円以下 10,000円、1億円超:30,000円

本店移転 管轄内 30,000円、管轄外 60,000円

目的変更 30,000円

新株発行 増加した資本金の額×7/1000(最低額30,000円)

有限会社から株式会社への商号変更による解散 30,000円

有限会社から株式会社への商号変更による設立 資本金の額×1.5/1000 (最低額30,000円)

解散 30,000円

清算人就任 6,000円

清算結了 2,000円

債務整理

債務整理を依頼した時の料金を見ていきましょう。

まず、相談料は無料です。

相談するだけならタダですので、借金問題で不安になっている方はまずは無料相談をしてみてください。

正式に契約を結ぶと着手金など費用が発生します。

債務整理には任意整理・過払い金請求・個人再生・自己破産の4つがありますのでそれぞれ見ていきましょう。

任意整理・過払い金請求

任意整理とは、消費者金融などの債権者と直接交渉を行い、利息を減らしたり支払い回数を延ばしたりすることで返済の負担を軽減する方法です。

過払い金請求は過去に借金をしていて利息を払いすぎていた場合、請求することでお金が返ってくるという手続きとなります。

請求しなければお金は返ってきませんので、心当たりのある方は無料相談してみましょう。

着手金は1社あたり11,000円からです。

着手金のほかに解決報奨金が1社あたり11,000円、減額や免除に成功した場合は減額報酬金として減額・免除した金額の11%を支払う必要があります。

過払い金請求の場合は着手金のほかに、成功報酬として過払い金の22%の金額が必要です。

費用は負債金額などによって変わることがありますので、正確な料金は面談などで確認しましょう。

着手金は分割払いを利用することもできます。

個人再生

個人再生(民事再生)とは裁判所に申し立てをして、住居を残したままで借金を大幅に減額するという手続きです。

任意整理に比べると大幅に借金を減らすことができ、住宅をそのままにできるという点がメリットとなっています。

ただし裁判所が関わるので、審査など条件は厳しいです。

着手金は418,000円と任意整理に比べて高くなっています

このほか予納金や印紙代金などの実費費用として40,000円程度が発生します。

また内容が複雑であるとか、債権者の数が10社以上の場合などは別途料金がかかる場合がありますので注意してください。

自己破産

自己破産は裁判所に申し立てを行い、借金の返済を免除してもらうという手続き方法です。

基本的には借金が全額無くなることになるので、裁判所の審査や資産や収入条件などは厳しいものになります。

着手金は352,000円、予納金や印紙代金などの実費費用として40,000円程度かかります

また、管財事件と呼ばれる資産の処分・分配などが必要な案件や、債権者が10社以上の場合は別途費用がかかります。

登記

アヴァンス法務事務所では登記業務も行っています。

不動産登記と商業登記の料金について確認していきましょう。

不動産登記

不動産登記とは住宅などの建物を建てたり、不動産を相続したときなどに必要な不動産の権利などを明確にするために必要な手続きです。

不動産登記では以下のような登録免許税が費用としてかかります。

  • 所有権保存 新築建物認定基準額×4/1000
  • 所有権移転(相続) 固定資産評価額×4/1000
  • 所有権移転(売買) 固定資産評価額×20/1000
  • 所有権移転(財産分与) 固定資産評価額×20/1000
  • 登記名義人表示変更 不動産1筆につき1,000円
  • 抵当権設定 債権金額×4/1000
  • 根抵当権設定 極度金額×4/1000
  • 抵当権・根抵当権抹消 不動産1筆につき1,000円

商業登記

商業登記は会社を設立したり、代表取締役などを変更したりする際に必要な手続きです。

商業登記には以下のような登録免許税が必要となります。

  • 設立 株式会社:資本金の額×7/1000(最低額150,000円)
       合同会社:資本金の額×7/1000(最低額60,000円)
       合名会社・合資会社:60,000円
  • 役員変更 資本金の額1億円以下:10,000円 1億円超:30,000円
  • 本店移転 管轄内 30,000円 管轄外 60,000円
  • 目的変更 30,000円
  • 新株発行 増加した資本金の額×7/1000(最低額30,000円)
  • 有限会社から株式会社への商号変更 商号変更による解散:30,000円 商号変更による      設立:資本金の額×1.5/1000 (最低額30,000円)
  • 解散 30,000円
  • 清算人就任 6,000円
  • 清算結了 2,000円

アヴァンス法務事務所に関する疑問を解決!

では最後にアヴァンス法務事務所に関する疑問を解説していきます。

よくある疑問を5つ解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

家族に内緒で手続きできますか?

任意整理の場合は家族に内緒で手続きを行うことが可能です。

ただ、個人再生や自己破産の場合は家族の協力が必要な書類や、同居している家族の収入証明書が必要なケースもあり、アヴァンス法務事務所では事前に相談して協力を得ることをお願いしています。

ただし、アヴァンス法律事務所が勝手に家族の方に連絡をすることはありません。必ず本人の同意を得てから対応しますので、不本意な形で知られてしまうことはありません。

借金はどれくらい減りますか?

自己破産の場合は、借金は基本的にすべて無くなります

個人再生の場合は、借金を5分の1、または最低弁済額100万円まで減額することが可能です。

ただし、税金は債務ではないため免除されません。

任意整理の場合は債権者との交渉次第になりますが、基本的には利息のみ減額となり個人再生ほどの減額は見込めないことが多いです。

どの手続きを行うのが、自分や家族の将来のためになるのかわからない場合は、依頼前にしっかりと法律事務所に相談しましょう。

取り立ての電話や督促は止まりますか?

正式に契約を結んだあと、受任通知が各債権者に送られます。

この通知を受け取って以降、債権者が直接取り立てを行うことは法律で禁止されており、最短で当日に取立を止めることが可能です。

もし、自宅や職場への取り立てで悩んでいる場合は、契約後に手続きをすぐ行ってほしい旨を依頼した担当者に伝えておきましょう。

ブラックリストにのりますか?

信用情報機関に債務整理の情報が登録されることを、一般的にブラックリストにのると言います。

ブラックリストにのってしまうと、債務整理の情報が消えるまで間はローンが組めないなどの不利益を被ることに。

任意整理の場合は任意整理後、信用情報機関に5年程度、個人再生・自己破産の場合は5年から10年間、信用情報機関に登録されますのでご注意ください。

債務整理を依頼するべきなのはどんな人?

債務整理をするべきなのは、多重債務に陥っている人や、これ以上の支払いは難しい状態となっている方となります。

返済が滞ってしまうと不利益をこうむるのはお金を貸している業者です。そのため、もう返済していけないという人ほど業者側が確実に回収できる金額まで借金や利息を減額してくれる可能性が高くなります。

また、債務を減額したとしても払い続けることができない場合は、自己破産をしたほうが今後生活していくうえでプラスになる場合もあるのです。

まずは、自分の借り入れ状況などを法律事務所に相談してみるのがいいでしょう。

債務整理をするとできなくなることは?

債務整理をすると主に次のことができなくなります。

  • 新たにローンを借りること
  • 携帯電話を契約すること
  • 一部の職業への就職

債務整理の情報が信用情報に記録されている間は、新しくローンを借りることはできません。

債務整理で携帯電話などの分割払い分も対象となっている場合は、そのキャリアで携帯を新しく契約することができなくなるばかりか、現在の契約を解約されてしまうこともあります。

また、自己破産をすると、生命保険の外交員や宅地建物取引主任者など一部の職業に就くことができません。すでに勤務している場合でも資格を失い失職する可能性があります

まとめ

今回はアヴァンス法務事務所に関する口コミや様々な情報を紹介しました。

CMなどでも聞くことの多い事務所であり、相談実績も多く、利用者からの口コミも悪い意見もありますが、概ね好意的なものが多かったです。

女性専用窓口があり、相談しやすいという点も相談実績に繋がっているのでしょう。

債務整理の手続き完了後も完済までサポートしてくれるという点も借金問題を抱えて不安になっている相談者にとってはありがたいです。

相談や問い合わせは何回でも無料となっていますので、いま現在借金問題などでお困りの方はまず相談してみることをおすすめします。